ニュース画像
本願寺阿弥陀堂で法要に臨む森川座主と天台僧ら
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版
トップ> 中外日報社の沿革

中外日報社の沿革

1897(明治30)年 10月1日 真渓涙骨氏が「教学報知」として創刊
宇治郡山科村日岡(現在の京都市山科区)に本社
1901(明治34)年 4月15日付 538号から日刊発行
1902(明治35)年 1月15日付 「中外日報」と改題発行
1904(明治37)年 10月、本社を粟田口三条に移転
1907(明治40)年 6月、本社を東山・妙法院前側町に新築移転
1909(明治42)年 9月、東京支局を開設
1911(明治44)年 3月16日付から2ヵ月間、夕刊発行
1914(大正3)年 4月、「編集日誌」を連載開始(昭和31年4月まで)
1919(大正8)年 6月、「欧文号」を発行
8月、経営に行き詰まり、3日付で廃刊を宣言
9月5日付から復刊
1921(大正10)年 1月、文語体から口語体に改める
1923(大正12)年 10月、月刊誌「宗教と思想」創刊(大正14年4月まで発行)
1926(大正15)年 9月、本社を京都市東山区東川端七条(現在の東山 区一橋宮ノ内町)に新築移転
1933(昭和8)年 2月、京都で10,000号記念祝賀会
1936(昭和11)年 2月、日本新聞協会(当時)に加盟
4月、新工場を増築、輪転機印刷を開始
1944(昭和19)年 毎号2ページで発行
1947(昭和22)年 3月、物資不足で日刊から週3回・2ページ発行に
1953(昭和28)年 1月、日刊・4ページ発行に戻る
2月、「株式会社中外日報社」へ組織変更
1955(昭和30)年 10月、京都で創刊60周年記念祝賀会
1956(昭和31)年 4月14日、真渓涙骨社主死去(享年87歳)
1957(昭和32)年 1月、天台宗僧侶で作家の今東光氏が社長就任
1958(昭和33)年 4月、司馬遼太郎の小説「梟のいる都城」連載(後に「梟の城」で第42回直木賞受賞)
1964(昭和39)年 11月、ダルマパーラの100年祭記念で第1回「インド仏跡参拝団」を派遣(昭和41年から毎年実施)
1976(昭和51)年 2月、週6回から週5回発行に
1977(昭和52)年 2月、増ページし、週3回の発行に
1985(昭和60)年 11月、創立90周年記念事業で「第1回日中仏教学術会議」を開催(平成15年まで全10回開催)
1988(昭和63)年 4月、週5回の発行に
1992(平成4)年 4月、本社を南区東九条東山王町に移転
1994(平成6)年 1月、週3回の発行に
2004(平成16)年 「涙骨賞」を創設
2008(平成20)年 3月、創刊110年記念講演会(講師は梅原猛氏、山折哲雄氏)と祝賀会を開催
2012(平成24)年 4月、創刊115年記念特別講演会(梅原猛氏、瀬戸内寂聴氏、山折哲雄氏のてい談)