東京本社勤務の営業記者を募集
ニュース画像
原爆落下中心地碑の前でオラショを唱える村上さん(右)とグレゴリオ聖歌を歌う松本さん
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版
トップ> 採用情報

採用情報

東京本社勤務の営業記者を募集

宗教に関連する企業への広告営業活動と記事執筆

中外日報社は、東京本社(東京都文京区本郷4-9-13)勤務の営業記者を募集します。

『中外日報』は120年前、反骨の新聞人・真渓涙骨が仏教の覚醒と宗教界の革新を志して創刊した超宗派の新聞であり、近代宗教ジャーナリズムの礎を築いたと言われています。その精神は今も中外日報社に受け継がれています。

歴史ある宗教専門紙を支える営業活動を行います。宗教に関連する企業の広告宣伝活動、あるいは宗派や教団、宗教者のメッセージなどを各種広告媒体に乗せて伝えていく。時には、宗教全般を自由な立場から取材し、現代を的確に捉えた記事として発表することもあります。気の抜けない仕事ですが、それだけに楽しくやりがいのある仕事です。

採用予定は1名。応募資格は、4年制大学卒業以上の22歳から35歳まで(経験者優遇)。パソコンでの文章、資料作成が必須です。労働条件等については採用担当までお問い合わせください。

希望者は履歴書(写真貼付)、職務経歴書と作文「中外日報でどのような広告宣伝活動ができるか」(1000字以内)を郵送して下さい。応募締め切りは8月24日(金)です。

書類選考の後、8月下旬に京都総本社で面接試験等を行います。日時は受験者に後日連絡します。

応募書類の送り先は、〒601―8004 京都市南区東九条東山王町9 ㈱中外日報社採用担当係。問い合わせは電話075(671)3211。