ニュース画像
北山十八間戸の法要には100人以上の参列者が詰め掛けた
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

なお苦難の被災地 5年は「節目」ではない

2016年3月11日付 中外日報(社説)

東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から今日で5年。だが、これは決して「節目」などではない。節目とは物事が一段落して状況が変化する区切りを言うが、被災地を訪れれば、どこもそうでないことが一目瞭然だ。岩手から福島まで津波浸水地のどこへ行っても、街並みの痕跡の廃虚さえなくなり、地盤かさ上げの巨大な盛り土が広大な面積に連なる。大陸の荒野のように赤茶けた風景にはゼネコンの重機やダンプカー以外に人影はなく、そこにかつて人々が住んでいたことさえ想像できない。南三陸では、昨年まで犠牲者を弔う祈りの場となっていた防災対策庁舎の残骸も盛り土の間に埋もれ、近づくことさえかなわない。

これが巨費を投入した国のインフラ復興の現実だ。限界を超えた仮設住宅にひっそり暮らし、「こんな所でだけは死にたくない」とこぼしていた高齢者が、いつまでも元の土地、家に戻れないまま衰弱死した話はあちこちで聞く。遺族は「苦しみはずっと続いている。節目なんて、政府や震災を忘れたい人が言ってるだけだ」と語る。

収束のめどもない原発事故はなおさら。現地ではゴーストタウンと化した町に除染土の入ったバッグの大きな山がそこら中に黒々と広がる。十数万人が故郷を追われたままで、福島の震災関連自死数は毎年10人超と突出する。先月、京都へ「自主避難」した家族が東電に損害賠償を求めた訴訟で勝訴判決が出たが、妥当なことだ。

交通事故で一方的にけがを負わされたら被害者が加害者に償いを求めるのは常識なのに、国策で推進された原発が加害者だと、被害者との間に国が割って入ったり、一律の賠償手続きを押し付けられる……。そう語った福島の住職の嘆きと怒りはもっともだ。東電は、被害者が何十万人であろうと、損害把握がいかに複雑だろうと、社の存亡を賭けてでも自らの負担で一人一人に賠償を手当てするのが当たり前。それが人の道だ。

そんな危うい時に、再稼働を強硬に進める関西電力の高浜4号機でまたしても放射能汚染された冷却水が漏れた。「ボルトが緩んでいた」ということになっているが、これほど事故の罪が批判され国民に不安が広がっているのに、5年の歳月を忘れたかのように営業運転に突き進む姿勢を見ると、どこか大事な部分のネジが緩んでいるとしか思えない。9日の運転差し止め仮処分決定は当然だ。

津波被害も原発事故も、苦難や悲しみの日々に区切りはない。それらを伝え続け、遠くからでも決して忘れずに寄り添おうという宗教者がいるのが光明だ。