ニュース画像
大谷光淳門主が臨席した開繙式(18日、龍谷大大宮学舎本館)
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版
トップ> ほっとインタビューリスト> 精神科医 香山リカさん

現代の心の病に向き合う精神科医 香山リカさん(55)

2016年2月24日付 中外日報(ほっとインタビュー)

患者には宗教の知が必要

精神科医として医療に携わる傍ら、評論や執筆活動を行い、現代の日本が抱える心の病の問題に肉薄する。マインドフルネスにも造詣が深く、臨床現場での活用方法を探るとともに、宗教と医療が相補的にうつ病患者や亡くなりつつある人に寄り添う必要性を訴える。(甲田貴之) (つづきは書籍『時代を生きる 宗教を語る』をご覧ください)