ニュース画像
倒壊した浄土真宗本願寺派法城寺の鐘突き堂(むかわ町)
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

宗教文化講座 「今ここに生きる~未来への伝言~」:中外日報

◆「今ここに生きる~未来への伝言~」4~10月に全4回開講

中外日報社は、2018年「宗教文化講座」を4月から10月まで計4回開講します。総合テーマは「今ここに生きる」、サブテーマは「未来への伝言」です。

今年は、講師に日本文化史・茶道史を専門とする歴史学者の熊倉功夫氏、法相宗大本山薬師寺管主の村上太胤氏、曹洞宗愛知専門尼僧堂堂長の青山俊董氏、医師で龍谷大大学院教授の田畑正久氏を招き、いずれも京都市内の会場で開きます。

◆全講座とも土曜日13時半開演(開場は同12時半)。講演は約1時間半。受講料は1講座千円

希望する講座、氏名、年齢、住所、電話番号をご記入の上、お申し込みください。

一度で、1講座~4講座の複数のお申し込みができます。どの講座を受講されるか明記してください(例えば、第1回と第3回、全4回など)。お申し込みをいただいた方には、受講料の振込用紙(郵便局専用口座)をお送りします。振込用紙の通信欄にも受講講座を明記してください。お振込の確認後、講座・講演会場を記載した受講票(ハガキ)をお送りします。受講料は1講座千円(税込)です。

※振替払込受領証、受講票をもって領収証に代えさせていただきます。お振り込み後のキャンセルは、原則としてお受けできませんのでご了承ください。

◆申し込みはハガキ、FAX、メールで

先着順に受け付け、各講座とも定員になり次第締め切ります。

宛先=〒601-8004 京都市南区東九条東山王町9番地 中外日報社 営業局出版事業部(宗教文化講座事務局)
FAX=075(682)1722(PDFに申込票)
Eメール=shuppan@chugainippoh.co.jp
問い合わせは中外日報社営業局出版事業部=電話075(682)1625(電話でのお申し込みは受け付けておりません)
PDFをご利用ください 宗教文化講座PDF(約1.7MB)PDFファイル

※ご記入いただきました個人情報は、「宗教文化講座」の情報伝達・受講料の請求・不測の事態への対応のために使用させていただきます。中外日報社営業局出版事業部において適正に管理します。
受付終了第1回4月21日(土)「こころに残るお茶と食事」◆MIHO MUSEUM館長 熊倉功夫氏
受付終了第1回5月19日(土)講師が変更になりました

第3回9月15日(土)「たった一度の人生の今をどう生きるか」

愛知専門尼僧堂堂長 青山俊董氏

たった一度のやりなおしのできない人生を、気まま、わがままな私の思いを先(せん)とせず、限りなく仏さまにお質(たず)ねし、仏さまにひっぱっていただきながら、今ここを少しでも誤りの少ないものにして生きたい。

しんらん交流館・大谷ホール(京都市下京区)

第4回10月13日(土)「医療現場で求められる仏教」

医師・龍谷大学大学院教授 田畑正久氏

医療と仏教は生老病死の四苦を共通の課題としながら、協力関係が日本社会では実現できていない。なぜ協力関係が望ましいのか。どこに問題があるのか。どうしたら協力関係が実現できるかを考えていきます。

京都新聞文化ホール(京都市中京区)

主  催中外日報社

協  賛野村證券㈱、京都仏教会、真言宗総本山東寺、京都銀行、京都信用金庫、
仏教伝道協会、法藏館、㈱石田大成社
後  援京都府、京都市、京都新聞、朝日新聞京都総局、産経新聞社京都総局、
毎日新聞京都支局、読売新聞京都総局