ニュース画像
御影堂前階段で記念撮影を待つ小僧さんたち。2時間余りの儀式を終えてほっと一息
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

100日間の荒行成満 日蓮宗

2017年2月15日 13時13分

荒行を成満し祈祷を行う行僧たち(中山法華経寺)
荒行を成満し祈祷を行う行僧たち(中山法華経寺)

昨年11月1日から日蓮宗大本山中山法華経寺(千葉県市川市)と遠壽院(同市)で行われていた荒行が10日、成満した。法華経寺の日蓮宗加行所で129人、遠壽院行堂で14人が寒一百日の苦修練行を終え、全国から駆け付けた大勢の僧侶・檀信徒に出迎えられた。両行堂で各1人が体調を崩し途中退堂した。(詳細は2017年2月15日号をご覧ください。中外日報購読申し込み