ニュース画像
北山十八間戸の法要には100人以上の参列者が詰め掛けた
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

筑紫女学園新理事長に杣山氏

2017年3月9日 18時00分

浄土真宗本願寺派関係学校の筑紫女学園(福岡県太宰府市)の新理事長に杣山眞乘氏(72)が就任した。福岡地裁が2月23日に昨年6月の長谷川裕一氏の理事長選任の理事会決議は無効との判決を言い渡したことを受けたもの。杣山氏は理事の互選で選ばれ、任期は6日から3年間。

慣例では、理事会後に評議員会に諮ることになっているが今回は開かれておらず、理事長側に反発していた教職員や理事会決議の無効を求めた元理事らを支援する福岡教区の僧侶は、今回の決議を不服としている。

杣山氏は龍谷大大学院修士課程修了。福岡県飯塚市の明正寺住職で和光幼稚園園長を務める。実弟は本願寺派南米開教区開教総長の杣山哲英氏。(2017年3月10日号をご覧ください。中外日報購読申し込み