ニュース画像
北山十八間戸の法要には100人以上の参列者が詰め掛けた
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

総務に八木氏、護城氏 佛光寺派

2017年4月11日 17時58分

16日に発足する真宗佛光寺派の第2次佐々木内局の総務に、八木浄顯氏(66)と護城一哉氏(46)が就任する。総務2期目の八木氏と、若手で初入局となる護城氏と共に、佐々木亮一宗務総長は「1期目の方向付けを実行に移したい」と話している。

八木氏は財務、庶務を担当する。兵庫県姫路市の中国教区仏性寺住職。龍谷大卒。宗会議員2期、兵庫組長、法務記念出版編纂委員会委員などを歴任。布教使。御堂式務衆。

護城氏は教学、法務を担当。福井市の福井教区西雲寺候補衆徒。大谷大大学院修士課程修了。佛光寺教団再生会議委員。布教使の会・勝友会役員。補導式務衆。(詳細は2017年4月12日号をご覧ください。中外日報購読申し込み