ニュース画像
御影堂前階段で記念撮影を待つ小僧さんたち。2時間余りの儀式を終えてほっと一息
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

妙法院門主に杉谷氏 天台宗

2017年5月16日 18時05分

天台宗は15日、今年9日1日に任期満了を迎える妙法院門跡(京都市東山区)の菅原信海門主(91)の後任に宗機顧問会会長の杉谷義純氏(74)=東京教区圓珠院住職=を選んだ。9日に開かれた門跡寺住職推薦委員会で推薦された。任期は9月2日から7年間。

杉谷氏は1942年、東京都生まれ。慶応義塾大法学部卒業、大正大大学院文学研究科博士課程修了。75年から宗会議員5期、宗議会議長。93~97年宗務総長。比叡山宗教サミット実行委員会事務局長。全日本仏教青年会理事長、大正大理事長などを務めた。現在、世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会理事長、天台宗海外伝道事業団会長、比叡山宗教サミット30周年日本宗教代表者会議事務局顧問。(詳細は2017年5月17日号をご覧ください。中外日報購読申し込み