ニュース画像
北山十八間戸の法要には100人以上の参列者が詰め掛けた
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

中村管長の4期目確定 南禅寺派定宗

2017年6月7日 17時01分

臨済宗南禅寺派の第84次定期宗議会は5日、中村文峰管長(87)を正式に次期管長に選定した。また蓮沼良直宗務総長(71)を次期宗務総長に単独推薦した。

中村管長は2月の定宗で再推薦され、他に候補者は立てられなかった。任期は7月1日から5年間で、4期目となる。

蓮沼宗務総長は今回、単独推薦を受けたことにより、再選(2期目)される見通し。宗務総長の選定は管長と同じく、宗議会の推薦を受けた候補者から一派の公選で選出するが、候補者が一人の場合は投票を行わない。任期は10月1日から4年間。(詳細は2017年6月7日号をご覧ください。中外日報購読申し込み