ニュース画像
落慶法要に続き、つき初めする小堀管長と見守る坂井田住職(右)
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

延暦寺の新内局発足 執行、副執行とも留任

2017年6月30日 15時21分

天台宗総本山延暦寺の新内局が28日に発足した。22日の執行改選選挙で当選した小堀光實執行(63)と延暦寺の財務・法務などの山務を担う副執行6人で構成。副執行は全員が留任。任期は3年。同日、大津市の滋賀院門跡で辞令親授式が行われた。

副執行は次の通り。

財務部長=水尾寂芳・禅定院住職(59)▽法務部長=小寺照依・霊山院住職(53)▽総務部長=獅子王圓明・壽量院住職(51)▽管理部長=小森文道・金蔵院住職(51)▽教化部長=小鴨覚俊・惠光院住職(49)▽参拝部長=今出川行戒・南楽坊住職(49)(詳細は2017年6月30日号をご覧ください。中外日報購読申し込み