ニュース画像
新たに整備された合同墓(左)、インフォメーションセンター(右)をバックに進む庭儀の列
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

高野山大アーカイブ 所蔵資料をHPで公開

2017年8月7日 16時15分

和歌山県高野町の高野山大は、文部科学省の支援を受けて進める「高野山アーカイブ」事業の最初の成果として、同大図書館所蔵の『胎蔵秘密略大軌』(宇多天皇著)をホームページに公開し、1日、記者発表した。

高野山大のアーカイブ事業は、真言密教や日本の歴史・文化に関わる膨大な所蔵資料を順次デジタル化し、ウェブ(https://archives.koyasan-u.ac.jp/)上で広く公開する。

文科省の2016年度「私立大学研究ブランディング事業」に選ばれ、NTTデータの協力でシステムの構築を進めてきた。

ウェブ上の閲覧画面では、資料のイメージ画像(写本、定本)と翻刻したテキストを表示できる。画像とテキストは連動しており、テキストの任意の文字をクリックすると対応する画像の文字がすぐに表示される。

トップページに検索画面があり、将来的に複数の資料を横断して検索することが可能になる。言語は日本語と英語、中国語に対応している。(詳細は2017年8月4日号をご覧ください。中外日報購読申し込み