ニュース画像
60周年記念式典で被災地の復興を祈念する各宗派の管長や来賓
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

9歳児58人も仏弟子の歩み 真宗大谷派

2017年8月9日 16時45分

御影堂前階段で記念撮影を待つ小僧さんたち。2時間余りの儀式を終えてほっと一息
御影堂前階段で記念撮影を待つ小僧さんたち。2時間余りの儀式を終えてほっと一息

真宗大谷派真宗本廟(東本願寺、京都市下京区)で4日に恒例の臨時得度式が営まれ、初々しく頭をそり上げた小僧さんたちが仏弟子としての新たな歩みを誓った。

大谷派では宗祖親鸞聖人が9歳で得度したことに倣い、満9歳から得度できる。特に8月は夏休みを利用した小中学生の受式希望者が多く、毎月7日の得度式に加えて臨時得度式を行っており、今年は9歳児58人を中心に成人も含め104人が受式した。(詳細は2017年8月9日号をご覧ください。中外日報購読申し込み