ニュース画像
笏を宗道氏(左)に手渡す宗晴氏
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

築地本願寺で11月、次世代リーダーズサミット

2017年9月8日 10時31分

浄土真宗本願寺派は、第25代大谷光淳門主の伝灯奉告法要(昨年10月1日~今年5月31日執行)を記念した首都圏協賛行事として、11月8日に東京都中央区の築地本願寺で「次世代リーダーズサミット」を開催する。8月28日に宗務所で開かれた第10回宗門総合振興計画推進会議常任委員会で計画案が示され、了承された。

同サミットでは、次世代を担う若者を対象に、「世界規模での人類の生存に関わる困難な問題」にどう取り組むかをテーマにしたシンポジウムを開く。

光淳門主は伝灯奉告法要の初日に「念仏者の生き方」と題した「ご親教」で、テロや武力紛争、経済格差、地球温暖化、核物質の拡散、差別を含む人権の抑圧など、世界規模での人類の生存に取り組むことの大切さを説いた。

また国連でも「持続可能な開発目標」=SDGs(Sustainable Development Goals)として取り組んでいることから、「世界の苦悩の解決に寄与することを願い、SDGsに学びたい」として「次世代リーダーズサミット」を企画した。

シンポジウムではオープニングスピーチを光淳門主が行い、国連や各界から招いた有識者が講演する。(詳細は2017年9月8日号をご覧ください。中外日報購読申し込み