ニュース画像
避難所となった当時を振り返りながら講話する本川住職
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

第2次蓮沼内局発足へ 南禅寺派

2017年9月29日 16時42分

臨済宗南禅寺派の第2次蓮沼良直内局が10月1日に発足する。少林(わかばやし)浩道信徒部長(57)、児嶋紹義総務部長(56)が新たに就任する。

吉田法顕法務部長(56、大本山南禅寺塔頭聴松院住職)、福山正昭教学部長(67、佐賀県みやき町・光浄寺住職)、虎山昌永財務部長(65、岐阜県瑞浪市・長見寺住職)の3部長はそれぞれ再任。吉田法務部長は3期目。9年3カ月務めた西村義光信徒部長(69)は退任。圓山碧宗総務部長(66)も退任する。

少林信徒部長は島根県安来市・城安寺住職。島根大大学院教育学研究科修士課程修了。南禅僧堂に掛搭。第10部宗務支所長を務めた。

児嶋総務部長は京都府向日市・持泉寺住職。花園大文学部卒。南禅僧堂に掛搭。宗議会議員、第2部宗務支所長など。3月まで花園大国際禅学研究所副所長。(詳細は2017年9月29日号をご覧ください。中外日報購読申し込み