ニュース画像
避難所となった当時を振り返りながら講話する本川住職
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

「3局1室」に改編、検討委が報告へ 浄土宗

2017年10月26日 18時15分

浄土宗宗務庁の機構改革を論議する構造改革検討委員会が16、17日に宗務庁で開かれた。現在の「5局2室3事務局」を「3局1室」に改編する方向が固まり、豊岡鐐尓宗務総長への委員長報告にまとめる。豊岡総長は、これを受けて来年3月の宗議会に提案する意向だ。

委員会では、現在の総務局、財務局、教学局、社会国際局、文化局、総長公室、人権同和室、開宗850年準備事務局などを総務局、教学局、社会局、企画調整室(いずれも仮称)の3局1室体制にする案が論議された。(詳細は2017年10月20日号をご覧ください。中外日報購読申し込み