ニュース画像
避難所となった当時を振り返りながら講話する本川住職
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

カトリック東京大司教に菊地功氏

2017年10月31日 17時58分

バチカン(ローマ教皇庁)は25日、教皇フランシスコがカトリック東京教区の岡田武夫大司教(76)の退任願を受理し、後任に菊地功・新潟教区司教(59)を任命したと発表した。

菊地氏は1986年に司祭叙階。同年から8年間、ガーナに派遣され、帰国後は神言修道会日本管区管区長を経て、2004年から新潟教区司教。カリタスジャパン責任司教、カリタスアジア総裁、国際カリタスの評議会や教皇庁福音宣教省のメンバーを務めている。菊地大司教の着座式の日程は未定。(2017年11月1日号をご覧ください。中外日報購読申し込み