ニュース画像
きらびやかな袈裟を身にまとい開白法要で導師を勤める伊藤門跡(右端)
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

3選挙区とも野党勝利 日蓮宗宗会議員選挙

2017年11月24日 18時02分

任期満了に伴う日蓮宗の宗会議員選挙は20日に投票、21日にかけて開票された。選挙戦となった3選挙区とも野党会派・明和会の候補者が勝利し、与党会派・同心会会長の望月義仁氏が落選した。無投票当選の候補者は同心会所属が多く、議席数は与党が過半数を占めるもようだ。

全45議席のうち10議席が新人に交代した。参与推薦の2議席は、渡邉義生・長胤寺住職(現、同心)、安芸栄祥・妙円寺住職(新、同心)の両氏。

選挙戦が行われた3区の投票結果は次の通り(敬称略)。

▽第15区(山梨2・3部、定数1)

当選=渡邉一光・本照寺(新、明和)66票

望月義仁・大蓮寺(現、同心)56票

▽第16区(山梨4部、定数1)

当選=川久保光隆・定林寺(現、明和)96票

浅野文英・法華寺(新、同心)54票

▽第29区(兵庫、定数1)

当選=川口久雄・護国寺(現、明和)96票

森勝亮・法華寺(新、同心)65票(詳細は2017年11月24日号をご覧ください。中外日報購読申し込み