ニュース画像
健康長寿・病気平癒の祈願道場として建立された醫王殿(右奥)
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

教務総長に岡本氏 御嶽教

2017年12月4日 16時53分

御嶽教(大本庁=奈良市)の井上慶山管長の就任に伴い、教務総長に岡本康成・滋賀大教会長(68)が決まり、新執行部が1日付で発足した。11月29日に京都市内で開かれた管長継承祝賀会で発表された。

祝賀会には約100人が出席。前管長の村鳥邦夫主座から井上管長に継承の印の「三種の神器」をあしらった首飾りが授与された。井上管長は「小さな体の74歳だが、これから第一歩を歩みたい。信仰を次の世に伝えていければ」、岡本氏は「(御嶽山で一部入山禁止が続くなど)決して楽な状況ではない。まず神様に喜んでいただけるように尽くす」と挨拶した。(詳細は2017年12月1日号をご覧ください。中外日報購読申し込み