ニュース画像
健康長寿・病気平癒の祈願道場として建立された醫王殿(右奥)
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

大阪大谷大学長に浅尾教授

2017年12月6日 16時55分

大阪大谷大(大阪府富田林市)を設置する大谷学園(大阪市阿倍野区)は尾山眞之助学長の死去に伴う理事会を11月29日に開き、後任学長に学長代行の浅尾広良教授(58)を選出した。任期は1日から2年間。

浅尾氏は山形大人文学部卒、國學院大大学院文学研究科博士課程後期満期退学。専門は日本文学(中古)。羽陽学園短期大助教授を経て大阪大谷大教授。文学部長、学長補佐を歴任した。(2017年12月6日号をご覧ください。中外日報購読申し込み