ニュース画像
避難所となった当時を振り返りながら講話する本川住職
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

日蓮宗宗務総長に中川法政氏

2017年12月20日 16時50分

日蓮宗第113臨時宗会が15日、宗務院で開かれた。任期満了の小林順光宗務総長(73)の後任を決める選挙を行い、与党・同心会の中川法政議員(68)=大阪市=が満票で選出された。任期は20日から4年間。

中川氏は1949年、大阪市生まれ。龍谷大卒。全国日蓮宗青年会理事長、大阪市修法師会会長などを歴任。荒行を五行成満。2006年から宗会議員を務め4期目。小林内局では財務部長。

同氏は「同心会・明和会議員の信任を賜り感謝する。宗祖降誕800年事業を決定した小林宗務総長の業績を引き継ぎ、皆さまの期待に応えられるよう一意専心務めていく」と抱負を述べた。(詳細は2017年12月20日号をご覧ください。中外日報購読申し込み