ニュース画像
札所山主の総出仕のもと、十一面観音の宝前に表白を捧げる田代化主(中央奥)、徳道上人の御影を前にした鷲尾会長(左)
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

総本山園城寺が歳末助け合い托鉢

2017年12月21日 17時53分

住民から浄財の喜捨を受ける福家長吏
住民から浄財の喜捨を受ける福家長吏

天台寺門宗総本山園城寺(大津市)の歳末助け合い托鉢が15日に行われ、福家英明長吏ら一山の僧侶、山伏行者講ら約20人が大津市内を巡って募金を呼び掛けた。

午前10時半に園城寺観音堂を出発し、中町商店街へ。ほら貝を鳴らしながら「歳末助け合い運動にご協力を」と呼び掛けた。住民は「ご苦労さまです」とねぎらいながら、浄財を福家長吏ら僧侶の持つ募金箱に喜捨した。(詳細は2017年12月20日号をご覧ください。中外日報購読申し込み