ニュース画像
避難所となった当時を振り返りながら講話する本川住職
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

今年の言葉は「憶和敬」 延暦寺年賀式

2018年1月11日 17時07分

今年の言葉を発表する小堀執行
今年の言葉を発表する小堀執行

大津市の天台宗総本山比叡山延暦寺で8日に年賀式が開かれ、小堀光實執行が今年の言葉「憶和敬~和して敬うを憶う~」を発表した。同寺は2013年から毎年、今年の言葉を発信している。

和敬は心を穏やかに、慎み深く保って相手を敬うことで、「憶和敬」には和敬の精神をしっかりと心にとどめるという意味が込められている。

小堀執行は「自己を主張することが特に気になる世相だからこそ、互いの存在を敬うという精神を大切にしてほしい」と語った。(詳細は2018年1月10日号をご覧ください。中外日報購読申し込み