ニュース画像
札所山主の総出仕のもと、十一面観音の宝前に表白を捧げる田代化主(中央奥)、徳道上人の御影を前にした鷲尾会長(左)
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

静法印の就任祝う 金剛峯寺、転衣式に500人

2018年3月19日 16時12分

松三宝の儀で飛鷹権検校(右)から祝いの昆布を受け取る静法印
松三宝の儀で飛鷹権検校(右)から祝いの昆布を受け取る静法印

高野山真言宗総本山金剛峯寺(和歌山県高野町)は12日、静慈圓・塔頭清凉院住職(75)の第519世寺務検校執行法印就任を祝う法印転衣式を同寺で営み、弘法大師空海の法流継承を内外に披露した。静法印は今後1年間、大師の名代として山内にとどまり、重要法会の導師を勤める。

中西啓寶座主や法印経験者の前官、山内・地方寺院住職、本山役職員、清凉院関係者、檀信徒ら約500人が参列、式典は古式にのっとり進められた。(詳細は2018年3月16日号をご覧ください。中外日報購読申し込み