ニュース画像
倒壊した浄土真宗本願寺派法城寺の鐘突き堂(むかわ町)
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

本願寺派が総局改造 山下氏と竹中氏入局

2018年4月10日 17時57分

浄土真宗本願寺派の石上智康総長(81)は5日に総局の一部改造を行い、山下義円氏(66)=岡山県高梁市・浄福寺住職=を総務に、竹中了哲氏(71)=富山市・妙順寺住職=を副総務に任命した。いずれも僧侶宗会議員。

石上総長が総局を改造するのは、昨年3月以来約1年ぶり。山階昭雄総務(65)、玉井昭英副総務が退任し、池田行信総務(64)、阿部慶一総務(73)、弘中貴之副総務(47)は留任。(詳細は2018年4月6日号をご覧ください。中外日報購読申し込み