ニュース画像
倒壊した浄土真宗本願寺派法城寺の鐘突き堂(むかわ町)
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

次期管長に久我氏 浄土宗西山禅林寺派

2018年4月12日 16時16分

浄土宗西山禅林寺派の中西玄禮管長・総本山永観堂禅林寺第90世法主(77)が任期を約2年残して退任し、後任に等善寺(京都市下京区)住職の久我儼昭氏(67)の就任が5日決まった。任期は6月1日から5年間。

久我氏は1950年生まれ。龍谷大大学院修士課程修了(仏教学)。宗派の教学部長を経て2009年7月から宗務総長(永観堂禅林寺執事長)。昨年6月まで2期8年の間に「法然上人800回大遠忌記念事業」(11年)を執行。他に宗学院や布教講究所講師など宗派教育機関の役職を歴任している。(詳細は2018年4月11日号をご覧ください。中外日報購読申し込み