ニュース画像
門信徒大会で基調講演を行う内藤勧学
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

善光寺大勧進、瀧口特命住職を貫主に推挙

2018年4月26日 17時43分

天台宗善光寺大勧進(長野市)は21日、瀧口宥誠・特命住職(84)を貫主として天台宗に推挙すると発表した。18日の一山会議で全会一致で決まり、21日の信徒総代らによる協議会で正式決定した。近く天台宗から辞令が交付される見通し。

瀧口氏は1933年、山形市生まれ。叡山学院研究科卒業。59年に延暦寺一山南山坊住職、85年に同竜珠院住職、2001年に同善学院住職に就任。02年から善光寺大勧進副住職。大僧正。(詳細は2018年4月25日号をご覧ください。中外日報購読申し込み