ニュース画像
倒壊した浄土真宗本願寺派法城寺の鐘突き堂(むかわ町)
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

小倉管長の再推戴採決を先送り 佛通寺派定宗

2018年5月17日 18時11分

臨済宗佛通寺派の2018年度定期宗議会が12日に広島県三原市の大本山佛通寺で開かれ、9月に任期満了を迎える小倉賢堂管長(75)=同寺住職=の推戴再任について審議した。4月初めに佛通寺の総代役員会が小倉住職に対する不信任を表明し宗議会の動向が注目される中、議員、内局とも再任の方向でおおむねまとまったが、採決は7月15日招集の臨時宗議会に持ち越された。(詳細は2018年5月18日号をご覧ください。中外日報購読申し込み