ニュース画像
初公開の水晶に納められた木造阿弥陀如来像
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

僧侶育成課程、2年で履修へ 妙心寺派

2018年7月31日 17時11分

臨済宗妙心寺派は23日に宗務本所で僧侶育成審議会を開き、花園大仏教学科の「妙心寺派僧侶育成課程」について、「大摂心」を含め2年間で全てのカリキュラムが履修できるように変更することを確認した。

僧侶育成課程の「大摂心」は当初、花園禅塾卒塾後の3、4年生が進級直前の春休みに参加するとしていたが、これを1年早め、2、3年生に進級する春休みの参加とした。野口善敬教学部長が「卒塾後にあまり期間を置かない方が学生の意欲を保てると判断した」と説明した。今年度のみ調整のため夏に「大摂心」(9月10~14日)を行う。(詳細は2018年7月27日号をご覧ください。中外日報購読申し込み