ニュース画像
就任の挨拶をする鬼生田俊英宗務総長
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

得度者に比叡山研修 本願寺派委員会答申

2018年8月10日 16時18分

浄土真宗本願寺派の僧侶育成体系プロジェクト委員会はこのほど第1次答申をまとめ、得度者に天台宗総本山比叡山延暦寺居士林での研修を必修として課すことなどを盛り込んだ。教師の資質向上へ僧侶等の資格取得の要件を厳しくする内容だ。

本願寺派僧侶への第1ステップ、得度については、得度考査の名称を得度試験と改め、宗門関係学校卒業生等へ付与していた免除規程を廃止するよう提言。

10日間の得度習礼では西山別院(京都市西京区)での講習に加え、比叡山延暦寺(大津市)に登り、研修道場の居士林で研鑽(1泊2日)することを義務付ける。親鸞聖人の比叡山修行の苦労を追体験するよう提案した。(詳細は2018年8月10日号をご覧ください。中外日報購読申し込み