ニュース画像
倒壊した浄土真宗本願寺派法城寺の鐘突き堂(むかわ町)
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

真宗大谷派旭川別院で使途不明2500万円

2018年8月27日 16時42分

真宗大谷派旭川別院(北海道旭川市)で約2500万円の使途不明金があることが27日に分かった。大谷派によると、宗派の内部調査で会計担当職員(49)が遊興費目的での使い込みを認めたため、同別院は刑事告訴する方針。(詳細は2018年8月29日号をご覧ください。中外日報購読申し込み