ニュース画像
門信徒大会で基調講演を行う内藤勧学
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

浄土門主・知恩院門跡に伊藤氏を再推戴

2018年9月6日 18時11分

浄土門主の任期満了に伴う浄土門主推戴委員会が8月31日に浄土宗宗務庁(京都市東山区)で開かれ、伊藤唯眞・浄土門主(87)の再推戴を全会一致で決定した。任期は10月26日から4年間。伊藤門主は2010年に門主に就き、3期目となる。浄土門主は知恩院門跡も務める。

1931年、滋賀県生まれ。佛教大卒、同志社大大学院文学研究科博士課程(文化史学専攻)修了。81年に佛教大で文学博士学位を取得。61年に同大講師に就き、助教授を経て74年に教授になった。(詳細は2018年9月5日号をご覧ください。中外日報購読申し込み