ニュース画像
仏教界における女性の役割やSDGsについて議論するパネリストら
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

今井管長が晋山 大本山中山寺

2018年11月6日 17時51分

表白を読み上げる今井管長
表白を読み上げる今井管長

6月1日に真言宗中山寺派管長(大本山中山寺長老)に就任した今井淨圓氏(61)の晋山式が10月26日、兵庫県宝塚市の中山寺本堂で営まれた。真言宗各派総大本山や西国三十三所加盟寺院の山主ら約300人が見守る中、今井管長は「不惜身命もって宗門の発展に微力を尽くさん」と決意を示した。

午前10時半、自坊の塔頭寺院・宝蔵院を出発した今井管長は約10人の出仕僧と共に参道を練り歩き、本堂に入った。(詳細は2018年11月2日号をご覧ください。中外日報購読申し込み