ニュース画像
昨年解散した京都市上京区の了徳寺
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

全日仏青が全国大会、シンポなど開催

2018年11月20日 18時05分

仏教界における女性の役割やSDGsについて議論するパネリストら
仏教界における女性の役割やSDGsについて議論するパネリストら

全日本仏教青年会(倉島隆行理事長)は10日、横浜市鶴見区の曹洞宗大本山總持寺で全国大会を開いた。境内全域で仏教音楽祭やシンポジウム、ヨガなど様々なイベントを開催。前日まで行われた第20回WFBY世界仏教徒青年会議開催を記念したもので、同会が大規模に全国大会を実施するのは初めて。

シンポジウム「仏教×SDGs(持続可能な開発目標)」は、女性4人のパネリストが仏教界における女性の役割について議論した。松﨑香織・未来の住職塾理事は「女性はお寺で重要な役割を担っているが、男社会なので精神的に孤立する傾向がある。とりわけ嫁いできた方は前に出にくい」と説明した。(詳細は2018年11月16日号をご覧ください。中外日報購読申し込み