ニュース画像
昨年解散した京都市上京区の了徳寺
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

葛西光義座主が入寺 金剛峯寺

2018年11月22日 18時09分

金剛峯寺本坊正門をくぐる葛西座主
金剛峯寺本坊正門をくぐる葛西座主

高野山真言宗総本山金剛峯寺の葛西光義・第414世座主(86)=高野山真言宗管長=が15日に入寺した。14日に退山した中西啓寶・前座主(85)を引き継ぎ今後4年間、派内約3700カ寺、1千万大師信者の依止師として教化、教導に当たる。

門主を務める大本山寶壽院を午前8時45分に出発した葛西座主は、法類や専修学院生らと共に約600メートルをしっかりとした足取りで進み、同10時前に金剛峯寺本坊に到着。表橋詰で添田隆昭執行長(宗務総長)ら内局や総本山役職員ら約100人に迎えられ、正門をくぐって大玄関から上堂した。(詳細は2018年11月21日号をご覧ください。中外日報購読申し込み