ニュース画像
昨年解散した京都市上京区の了徳寺
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

宗務総長に沖氏を再選 東福寺派

2018年11月30日 16時18分

臨済宗東福寺派の宗務総長選挙が21日に開票され、現職の沖泰隆・常楽寺住職(71)が原田恵慈・自性寺住職(69)を破り当選した。任期は2019年4月1日から3年間。沖宗務総長は2期目。

宗務総長選で複数候補が立ったのは9年ぶり。有権者総数は315人。投票総数は263。得票数は沖住職が148、原田住職が109。白票6だった。(詳細は2018年11月30日号をご覧ください。中外日報購読申し込み