ニュース画像
御親教する常磐井法主(中央)と復演を担当した栗原鑑学(左)
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

ハワイで初の宗教者大会 世界連邦日本宗教委

2018年12月19日 16時54分

大聖堂での「平和の祈り」に参加した宗教者と信仰者
大聖堂での「平和の祈り」に参加した宗教者と信仰者

世界連邦日本宗教委員会は5日、第40回世界連邦平和促進全国宗教者・信仰者大会を米国ハワイで初めて開催し、日本と現地の宗教者、信仰者ら約100人が参集した。大会ではホノルル市内のカトリック大聖堂で平和の祈りを捧げ、真珠湾攻撃の日に当たる7日には米海軍主催の追悼式典に参列し、敵味方の恩讐を超えて犠牲者を慰霊し、世界平和を祈願した。

大会テーマは「世界平和に向かって」。大聖堂での「平和の祈り」に始まり、市内ワイキキのホテルで記念式典が行われた。(詳細は2018年12月19日号をご覧ください。中外日報購読申し込み