ニュース画像
御親教する常磐井法主(中央)と復演を担当した栗原鑑学(左)
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

仏教に通じるSDGs 仏教NGOネットワーク講演

2018年12月27日 16時38分

仏教NGOネットワークは19日、東京都内で年末講演会を開いた。持続可能な社会の構築を目指す「CSOネットワーク」の黒田かをり事務局長が、SDGs(持続可能な開発目標)について解説し、参加者は仏教に通じる理念を学んだ。

黒田氏は「SDGsの基本を学ぶ~宗教者として出来る事を考える」の演題で講演した。国連が2015年9月に採択したSDGsは、特に新しい取り組みではなく、01年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の残された課題と、別の枠組みで議論されてきた環境に対する課題を統合してつくられたと説明した。(詳細は2018年12月21日号をご覧ください。中外日報購読申し込み