ニュース画像
「より良い社会づくりにはヒトの特徴を知ることが必要」と説く佐倉教授
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

宗学基礎学習会導入へ 妙心寺派教学審議会

2019年1月24日 18時35分

臨済宗妙心寺派は16日に宗務本所で教学審議会を開き、継続して審議してきた「臨済宗妙心寺派 宗学基礎学習会」の設置に伴う規程改正案を承認した。前堂職(4等地以下の寺院住職になれる)法階取得研修会の受講資格が得られる学習会で、主な受講者は一般大学の通学生・卒業生が想定される。同改正案は宗制審議会の承認を経て、2月の定期宗議会に上程される予定。

「学習会」は一定の宗学の知識を有する禅僧を輩出することが目的。2020年度から導入する方針。受講資格は18歳以上で、知客職以上の法階を有する者。(詳細は2019年1月23日号をご覧ください。中外日報購読申し込み