ニュース画像
「より良い社会づくりにはヒトの特徴を知ることが必要」と説く佐倉教授
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

補佐員会議の移行合意 臨黄合議所理事会

2019年1月29日 17時55分

臨済宗黄檗宗連合各派合議所は22日に京都市内で理事会(宗務総長会)を開き、妙心寺派が主催している「専門道場補佐員会議」を、同合議所の主催に移行させる方針を申し合わせた。また中学校の一部の歴史教科書に「臨済宗」「黄檗宗」の名称が記載されていない件について取り組むことも合意した。

補佐員会議は2006年から妙心寺派が開き、09年から同合議所が加わる形で開かれている。昨年の同会議で「雲水の減少など、全臨黄で僧堂の問題を考える時期に来ている」として、参加者の意見を集約した。(詳細は2019年1月25日号をご覧ください。中外日報購読申し込み