ニュース画像
「より良い社会づくりにはヒトの特徴を知ることが必要」と説く佐倉教授
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

新執事長に井桁雄弘氏 総本山知恩院

2019年2月1日 15時54分

浄土宗総本山知恩院(京都市東山区)で、北川一有・前執事長の辞任に伴う臨時顧問会が1月30日に開かれ、新執事長に井桁雄弘・顧問会会長(84)が選任された。任期は2月1日から4年間。新顧問会長には前副会長の木全一乗氏(78)が選ばれた。

井桁執事長は大圓寺(大阪市住吉区)住職。同宗大阪教区長、大阪府仏教会会長、全日本仏教会評議員などを歴任し、同院では2007年から企画委員会会長、15年から顧問会会長を務めた。(詳細は2019年2月1日号をご覧ください。中外日報購読申し込み