ニュース画像
「より良い社会づくりにはヒトの特徴を知ることが必要」と説く佐倉教授
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

ドイツ世界大会の概要発表 WCRP日本委

2019年2月4日 16時39分

世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会は1月29日に東京都杉並区の立正佼成会法輪閣で理事会を開き、2019年度事業方針・事業計画や予算案など全7議案を承認した。8月にドイツ・リンダウで開かれる第10回WCRP世界大会の概要が発表され、大会テーマの和訳も決定した。

世界大会はリンダウの国際会議場で8月20~23日の日程で開かれる。約90カ国の宗教指導者をはじめ、900人の参加を予定。大会のメーンテーマである“Caring for Our Common Future”の和訳は「慈しみの実践―共通の未来のために」に決まった。(詳細は2019年2月1日号をご覧ください。中外日報購読申し込み