ニュース画像
「より良い社会づくりにはヒトの特徴を知ることが必要」と説く佐倉教授
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

京の玄関に大鏡餅 五大力餅の入魂式

2019年2月7日 16時53分

入魂式で大鏡餅を洒水する導師の田中部長
入魂式で大鏡餅を洒水する導師の田中部長

真言宗醍醐派総本山醍醐寺は2日、23日の五大力尊仁王会を前に、京都市下京区にある京都駅ビル内のホテルグランヴィア京都で「五大力餅」の入魂式を営み、市民や京都を訪れる人々の平安を祈った。

ロビーに奉安された重さ150キロの紅白の大鏡餅の前で、田中祐考教学部長が願文を読み上げ、山伏姿の僧侶が法楽を捧げた。仁王会をモチーフにしたキャラクター「もちもちぃん」、ご当地ヒーローの「ゴダイリキ」も随喜した。(詳細は2019年2月6日号をご覧ください。中外日報購読申し込み