ニュース画像
御影堂前階段で記念撮影を待つ小僧さんたち。2時間余りの儀式を終えてほっと一息
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

野坂元良氏(広島県廿日市市・嚴島神社名誉宮司)

2017年5月19日付 中外日報(訃報)

野坂元良氏(広島県廿日市市・嚴島神社名誉宮司) 12日死去。88歳。葬儀は17日、廿日市市の葬祭会館で営まれた。喪主は妻の博子さん。

1928年生まれ。國學院大神道専修科卒。79年、宮司に就任。神社本庁評議員などを経て、96年に特級に昇進。全国国宝重要文化財所有者連盟理事長、世界連邦日本宗教委員会顧問など、神道界内外で活躍。2014年に次男の元明氏に宮司を譲り引退。療養生活を送っていた。