ニュース画像
落慶法要に続き、つき初めする小堀管長と見守る坂井田住職(右)
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

大津健一氏(元日本キリスト教協議会総幹事)

2017年6月30日付 中外日報(訃報)

大津健一氏(元日本キリスト教協議会総幹事) 22日死去。73歳。葬儀は24日、栃木県大田原市の自宅で潘炯旭・日本基督教団西那須野教会牧師の司式で行われた。アジア学院による「お別れの会」を9月中旬に予定。

1943年生まれ。同志社大大学院、太平洋神学校(アメリカ)修了。日本基督教団倉敷教会伝道師、アジアキリスト教協議会幹事、日本キリスト教協議会(NCC)総幹事、世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会広報委員長、日本クリスチャンアカデミー関東活動センター所長など歴任。

2009年、アジア学院アジア農村指導者養成専門学校校長に就任し、12年から同学院理事長。