ニュース画像
北山十八間戸の法要には100人以上の参列者が詰め掛けた
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

土屋光道氏(東京都港区・浄土宗観智院前住職)

2017年6月30日付 中外日報(訃報)

土屋光道氏(東京都港区・浄土宗観智院前住職) 26日死去。89歳。通夜は30日午後7時、密葬は7月1日午前10時、大本山増上寺慈雲閣で。表葬は8月19日午後1時、同寺光摂殿で八木季生・同寺法主を導師に営まれる。喪主は長男の正道住職。

1928年生まれ。東京大大学院修士課程修了。東京教区教化団長、大正大伝道学講師、大本山増上寺布教師会会長、浄土宗総合研究所客員教授などを歴任した。