ニュース画像
笏を宗道氏(左)に手渡す宗晴氏
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

大田大穰氏(長崎市・曹洞宗晧台寺前住職)

2017年7月7日付 中外日報(訃報)

大田大穰氏(長崎市・曹洞宗晧台寺前住職) 6月24日死去。87歳。密葬は5日、兵庫県豊岡市の隆國寺で営まれた。葬儀は11月10日、長崎市寺町の晧台寺で大本山永平寺の福山諦法貫首の導師で営まれる。喪主は小林昌道・晧台寺住職。

1929年、鳥取県生まれ。56年、京都大大学院修士課程修了。安居は56年11月~58年2月に同県大樹寺僧堂、58年4月~60年3月に大本山永平寺で。晧台寺専門僧堂堂長、永平寺監院などを歴任した。82~91年、特派布教師。権大教正。