ニュース画像
笏を宗道氏(左)に手渡す宗晴氏
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

中村啓識氏(新潟県長岡市・真言宗豊山派徳聖寺住職)

2017年7月14日付 中外日報(訃報)

中村啓識氏(新潟県長岡市・真言宗豊山派徳聖寺住職) 6月29日死去。87歳。本葬は9月5日午後1時、長岡市上田町2-25の徳聖寺で。喪主は孫の賢識・副住職。

1929年、同県上越市生まれ。大正大仏教学部卒。大僧正。集議、総合研究院布教研究所指導教授。越後宗務支所長、全国宗務支所長会会長など歴任。宗外では、全真言宗教誨師連盟会長、新潟県仏教会会長の他、全日本仏教会の副会長を2度務めた。長岡西病院ビハーラの会代表、長岡人権擁護委員協議会会長など社会貢献活動に従事した。