ニュース画像
60周年記念式典で被災地の復興を祈念する各宗派の管長や来賓
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

堀尾成仙氏(京都府八幡市・臨済宗妙心寺派泰勝寺先住職、単伝寺閑栖)

2017年9月22日付 中外日報(訃報)

堀尾成仙氏(京都府八幡市・臨済宗妙心寺派泰勝寺先住職、単伝寺閑栖) 15日死去。95歳。密葬は19日に営まれた。津送は10月18日、八幡市吉野33の単伝寺で。秉炬導師は加藤月叟・海清僧堂師家。喪主は遺弟の堀尾行覚・単伝寺住職と堀尾玄真・泰勝寺住職。

泰勝寺4世。荒廃していた単伝寺を兼務して大黒堂を建て、「らくがき寺」として中興した。八幡市の中学教諭、花園学園の監査、同窓会副会長を務めた。