ニュース画像
二王門(写真奥)を通り吉田執行長の先導で入山式に向かう瀬川門跡
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

叡南覺照氏(天台宗総本山比叡山延暦寺一山玉照院住職)

2018年4月13日付 中外日報(訃報)

叡南覺照氏(天台宗総本山比叡山延暦寺一山玉照院住職) 9日死去。91歳。本葬は一山葬として5月10日午前11時、大津市坂本6-1-17、生源寺で。喪主は遺弟の叡南俊照・律院住職。

1927年、名古屋市生まれ。在家出身。52年に玉照院住職に就任。60年に戦後4人目となる千日回峰行の満行者となった。同年に叡南祖賢・元延暦寺執行の養子となり、叡南覺照と改名。71年に修験道法流管領に就任した。大僧正。